ネイルカラーの学校はネイリストのための実践講座です。
TOP >  ネイルカラーの学校とは
ネイルカラーの学校は、ネイリストが
本格的に色彩コミュニケーションを学ぶ場です。
信頼されるネイリストになるために

女性にとって、指先のオシャレって、とても大事。
指にネイルを施していると、ちょっとしたしぐさが、自分を輝かせてくれたり、少し元気がない時に、指先にふと目をやることで、 お気に入りのネイルが、テンションをあげてくれたり・・・

ネイリストは、女性がより魅力的に生きるための、 かけがえのないライフパートナーであると考えます。
だからこそ、求められているのは、お客様に寄り添い、その時のお客様の心と体の状態に応じた、カウンセリングやご提案ができるネイリストなのです。

ライフパートナーとして、信頼されるネイリストになるためには、ケアやカラーリングなど、施術のスキルだけでなく、色彩についての専門的な知識や、お客様とのコミュニケーション力も必要です。

色彩コミュニケーションとは?

色には人の感情に働きかける力があります。

たとえば、「この色を身につけたら元気が出る」とか、 「この色の部屋が一番集中する」などの経験は、誰にでもあるはずです。

また、色には波長があり、その効果は、体にも影響を及ぼすことが知られています。たとえば、赤外線はモノを温める働きをもちますが、近い波長をもつ赤い色も身につけると、体が温まる効果が期待できる、といった具合です。

さらに、言葉が不十分でも、色を通じて、お客様の気持ちを理解できる、色の力を借りて、メッセージを伝えるといったことも可能です。

たとえば、言葉で自分の気持ちをうまく伝えられないお客様がいたとしても、今、どんな色が気になるか?を聞いただけで、そのお客様の心の状態がわかるようになります。

お客様の気になる色がグレーだとしたら、「あまりやる気が出ない、周囲を遮断してしまいたい」というサインです。そんなお客様には、感情を受けとめてくれるオレンジを提案して、ネイルを見るたびに心を癒していただく、ということができるようになります。

また、多くの悩み事を打ち明けてくれるお客様に対して、今の状態をリセットした方が良いと感じた場合、スッキリしたい時に効果的な白を提案し、「今までのことは忘れて、新しいスタートを切った方が良いですよ」というメッセージを、言葉ではなく、色で伝える、といったこともできるようになります。

奥深い色彩コミュニケーションの世界を学んで、ネイリストとしてのトータルスキルをアップさせませんか?

ネイルカラーの学校が目指すもの

はじめまして。ネイルカラーの学校代表、久保田みきです。

私は、これまで約3,000人のパーソナル・カラーカラーカウンセリングやカラー診断を実施してきました。その方に似合う、似合わないなどの見かけの色合いも大事ですが、心理効果を理解した上でカラーの提案をすると、悩んだり、疲れていたりした方が前向きになるなど、色が人の心と体に影響を与える力を実感してきました。

ネイルカラーにも同じ効果が期待できます。私の経験では、色彩コミュニケーションを活かしたネイルカラーを施すと、多くの女性の心や体に、ちょっとしたプラスの効果が表れることがわかってきました。毎日、自分自身で最も目にする指先の色には、女性を輝かせる魔法の力が宿るのです。

ネイリストさんたちに、色彩コミュケーション学を身につけてほしい、そして、多くの女性を輝かせてほしいという願いから、ネイルに特化した色彩コミュニケーション学を、働きながらでも習得できるよう、カリキュラム化しました。

「指先に色の力を、女性たちに笑顔を」

ネイルカラーの学校は、ネイリストさんたちが、女性のライフパートナーとして活躍し続けられるよう、多くの女性が、指先のオシャレによって、素敵に輝けるよう、応援しています。

代表プロフィール

久保田みき(福岡市 1971年~) 色彩心理、色彩調和をベースに「何故この色なのか」を論理的に提案。2000年よりカラーを学び、2002年K'sColor Planningのスタッフとなる。2008年色彩トータルアドバイザーとして独立。
セラピー、ファッション、インテリアなど色彩学に精通し、豊富な知識をベースにアドバイスできるカラーのスペシャリスト。専門学校・カルチャースクールでは、色の持つ力が仕事や暮らしにどう役立つか伝えている。

文部科学省後援色彩検定®1級色彩アドバイザー 
オーラライト社シニアカラーセラピスト/ティーチャー
パーソナルカラーアナリスト
日本ライフスタイル協会リビングスタイリスト1級
照明コンサルタント

7月・8月、福岡市で
体験スクール開催 詳しく見る